2014年4月

ドレス姿の二の腕がやばい

ドレス姿の二の腕がやばい

(公開: 2014年4月23日 (水))

30も半ばを過ぎると、友人関係も落ち着いて、親戚の結婚式ぐらいしかドレスを着る機会がなくなりました。 もうママだし、ジャケット羽織っちゃって、派手目のスーツでもいいのかもしんない。 ただ、同い年の従妹(同じく既婚)とかの服装にも合わせると、まだまだドレスも選択肢。 というか、新しい衣装を買う余裕がないから、ここ3年くらい使いまわしてばかりです。年1回とかだし、問題はない。 それで、それを着る機会がまた出てきそうなんです。 ノースリーブなんで、無防備な二の腕はやばいです。 ここだけ痩せるマッサージとか、全然効果ないのは、プロに頼むべき? 吉祥寺 脱毛

ハウスクリーニングで使う道具(スクレイバー)について

ハウスクリーニングで使う道具(スクレイバー)について

(公開: 2014年4月18日 (金))

ハウスクリーニングなどでシールをはがす時等に使うスクレーバーという物があります。これはとっての先端にヘラがついていて、壁などについた汚れをそぎ落とす時につかいます。

このスクレイバー自体の歴史はかなり古く、広域な捉え方をした場合、その発生は原始時代に使われた動物の皮を剥ぐのに使われた物にまで遡ります。そして、このスクレイバーという名刺は日本の高層ビルのことを「摩天楼」と呼ぶことに繋がった要因でもあります。

1930年、アメリカでは超高層ビルを空に伸びている刃に見えることから「スカイスクレイバーと呼びました。これを聞いた日本人がそれを訳し摩天楼になったと言われています。

今の時代では大阪のハウスクリーニング会社でもつかう専用のスカイスクレイバーもあり、拘りを持った業者だとスクレイバーの先端の強度にもこだわっていたりします。

ワキの処理が甘く笑われてしまった。

ワキの処理が甘く笑われてしまった。

(公開: 2014年4月14日 (月))

もともと体毛が濃いめな方でむだ毛については気になっていましたが、きれいに仕上がる自宅での処理方法もわからず、かと言って人に聞くにも少し恥ずかしい内容だけに、悩むことが多かったです。 その中でもワキは夏場など半そでやノースリーブになる機会には、絶対的に隠し通せるはずもなく、処理が下手なだけに嫌な思いをしたこともあります。 学生の頃習い事をしていた際に、半そでのTシャツにて夢中になって稽古事をし、帰り道に、共に頑張っていた仲間から、「半そでのそでのとこから腕を上げる度にワキ毛が見えた」と、その場にいた全員に笑いものにされてしまったことがあります。このときほど、ワキのむだ毛が嫌だと思ったことはありません。 http://xn--nckg3oobb4313e2oig7cm3otx7cxhzb.com

流行りの服が欲しくてキャッシングを利用した大井(仮名)さんの体験談

流行りの服が欲しくてキャッシングを利用した大井(仮名)さんの体験談

(公開: 2014年4月 4日 (金))

派遣社員として、長きにわたって働いておりますが、近年の景気動向が上げどまりの傾向にある中派遣としては、年々給与が目減りしているのが現状で、生活費もギリギリの状態でやりくりしております。
そんな中、今まで着ていた洋服が古くなり、季節の変わり目もありまして、今流行りの洋服が欲しくなりまして、今回キャッシングで50万円以上の借り入れをしました。
派遣社員で、しかも年齢的に50代ですので、キャッシングの審査に通るかどうか不安でしたが、
長年同じ会社の派遣として勤めていることと、収入がしっかりあるということで、キャッシングの審査にも通りました。
消費者金融で借りるのには、少しためらいもありましたが、この年齢になりますと、なかなか借りる所が限られてきますので、今回の借り入れは本当に助かりました。
この歳で、ファッションに目覚めるとは思いもしなかったですが、少しでも流行りの洋服が着たいという思いで今回お借りする事にしました。
返済額も毎月負担がかからないように、少額にして頂いたので、本当に助かりました。
詳細はこちら(⇒学生クレジットカードKG08)のサイトで!