ハウスクリーニングで使う道具(スクレイバー)について

ハウスクリーニングなどでシールをはがす時等に使うスクレーバーという物があります。これはとっての先端にヘラがついていて、壁などについた汚れをそぎ落とす時につかいます。

このスクレイバー自体の歴史はかなり古く、広域な捉え方をした場合、その発生は原始時代に使われた動物の皮を剥ぐのに使われた物にまで遡ります。そして、このスクレイバーという名刺は日本の高層ビルのことを「摩天楼」と呼ぶことに繋がった要因でもあります。

1930年、アメリカでは超高層ビルを空に伸びている刃に見えることから「スカイスクレイバーと呼びました。これを聞いた日本人がそれを訳し摩天楼になったと言われています。

今の時代では大阪のハウスクリーニング会社でもつかう専用のスカイスクレイバーもあり、拘りを持った業者だとスクレイバーの先端の強度にもこだわっていたりします。